顎ニキビが治らない人の対策法

顎ニキビが治らないことに悩まされたことはありませんか?
とても痛く、治療にも長い期間がかかります。
そして一番嫌なことは見た目が良くないということですね。

 

顎にできるニキビは特に目立ち、治すのに苦労します。
顎ニキビは大人ニキビとも言われており、皮脂の分泌とお肌の乾燥状態が原因で
できると言われています。

 

このような大人ニキビの原因を調べてみました。
男性を主としてニキビのできる原因を考えた場合、
一番の要因は男性ホルモンの影響だと思われます。

 

男性ホルモンは元々皮脂の分泌が多い傾向にありますが、
ホルモンバランスの崩れにより更に分泌が多くなります。
そうしたことでニキビができ、痛い思いをするのです。

 

また、ホルモンだけでなく髭剃りなどでお肌を傷つけてしまったり、洗顔などを怠り
汚れがたまったときなどもニキビができやすくなります。

 

男性は特に皮脂の分泌が多くなるため、毎日の洗顔は欠かせません
洗顔後もそのままでなく適切なケアをすることで、ニキビができることが少なくなります。

 

さらにはストレスもニキビのできる大きな原因となります。
ストレスがたまるとステロイドホルモンが分泌されます。
ステロイドホルモンは男性ホルモンの分泌を増やすため、皮脂の分泌が多くなり
にきびの発生へと繋がります。

 

ストレスが原因となることは意外と知らない方も多いようです。
また、睡眠不足や食生活の乱れ、生活習慣の乱れもニキビに大きく関係してきます。

 

このように、ニキビができる原因は大変多くのことが関係しています。
ただ単に洗顔をすることでニキビ対策ができるわけではないため、
日ごろからニキビができないよう気をつけることが大切です。

顎ニキビができる原因の詳細

顎に出来るニキビって、何故かどうしても繰り返し出来てしまうものですよね。
治ったと思ったら、また反対側の顎にニキビが・・・というものの繰り返しです。
フェイスラインということで、女性はメイクする際に気を使いますし、どうにかしたいものです。
そんな顎のニキビが治らないのは何故か、何故出来るのか知りたくありませんか?
1つずつ確認していきましょう。

 

◆大人ニキビの代表
まず最初に考えられるのが、フェイスラインに出来る顎ニキビというのは、大人ニキビの代表格であるということです。
乾燥した状態でいると、ニキビが出来るのですが、Uゾーンと呼ばれる顎は最も顔の中で乾燥が激しい部分でもあります。
思春期には皮脂分泌が盛んな額や鼻、頬に出来ていたと思いますが、大人になるにつれ、それが顎へ移っていくのです。

 

また男性ホルモンが活発化して毛穴が詰まりやすくなり、顎にきびが出来るとも言われています。
そのため女性ホルモンを安定化させる必要があります。
リラックスした状態で湯船につかってまったりしたり、女性らしさをアップすると言われるローズヒップティーなどを
飲むようにすると良いでしょう。
また豆乳などで女性ホルモンを活性化させるのも良いですね。

 

◆食生活が関与
さらに口元のニキビは食生活を現わしていると言います。
胃腸が乱れていたり、食べ過ぎ、食べなさすぎ、消化不良などが口元に現れます。

 

お風呂上りにしっかりスキンケアを行っていても、どうしても顎にニキビが出来るという場合は、
スキンケア以外に原因があるということです。
それが食生活だったり、ついつい触ってしまうクセだったり、ホルモンバランスの乱れだったりします。
せっかく高級なスキンケアでお肌をケアしていても、ニキビが出来ていれば美しさも半減します。
そのためにも顎ニキビをしっかり治してスキンケアもきっちり行い、あくまでもニキビ跡など残さないようケアを行いましょう。

更新履歴